探偵になるための学校ではどんなことを学ぶのか

学校ではどんな事を学ぶのか

即戦力になる為の知識とスキルを学べる

最も多いと言われている浮気や不倫の調査の場合で考えると、クライアントは事実の確認だけでなく、万が一裁判で争う事になった場合や、慰謝料を請求するための有力で確実な情報が欲しくて依頼することがほとんどかと思います。
その為に対象者に気がつかれないように張り込みや尾行をして、法の場で有効となるような写真や音声などの物的な証拠を集める必要があります。

対象者がどんな移動手段をとるかでこちらも尾行の方法も変えなくてはなりません。
学校で様々なパターンを想定した張り込みや尾行の方法を実践をしながら学んだり、過去の事例で検証することは現場で役立つことでしょう。
チャンスを逃さぬよう、クオリティの高い写真撮影の技術も必要になります。

調査の過程や集めた証拠や情報も、法が絡む事が多いです。
学校では業務に関わる法律も学ぶことができます。

探偵学校に通うメリットは

かなりの数の探偵事務所や会社が存在します。
中には悪徳と呼ばれるところもあるようなので、働くならば安心して働ける場所を選びたいですね。

求人は公的機関でも募集があるようですが、多くの探偵学校は探偵事務所や学校が運営しています。
学校を卒業することにより即戦力としての知識やスキルが磨かれるだけでなく、就職のサポートも受けられるのはメリットです。
また学校に通えば、その探偵事務所や会社の内情もある程度はわかるでしょう。

探偵という職業も信頼度の高さが求められます。
クオリティの高く仕事をこなせることはもちろん重要ですし、クライアントから見れば探偵学校でしっかり学んでいる人は、それだけでも信頼できそうだなと安心することができます。


このPostをシェアする