探偵になるための学校ではどんなことを学ぶのか

雇用の採用基準は何か

探偵事務所や会社の採用基準は

探偵になる為に必要な資格というものは存在はしませんが、その人の持つスキルや知識が現場で即戦力として働くことができるかどうかは雇用の際に重視されるでしょう。

探偵事務所や会社は非常に多く存在しますが多くのところが、一般常識があるかどうか、自動車免許、二輪免許を取得しているか、健康状態は良好か、パソコンスキルがあるかは業務をスムーズに行えるかにも関わるので採用の基準としているようです。

なかには探偵学校を卒業しているかどうかを採用の条件としているところもあります。
何も知らない人を1から教えるのではなく、ある程度の知識やスキルのある即戦力になる人材が欲しい時に、探偵学校の卒業はその目安にもなるからです。

一般企業と同じような採用基準

クライアントは大企業の場合もあれば、個人の依頼など様々で、社会的にも幅広い階層が相手になります。
対応する側があまりに非常識だったり、社会的に未熟であると応対すら難しいでしょう。
誠実な人柄か、信用は出来るのか、常識や社会性はあるのかは一般企業の面接でも重視されますが、探偵業にとっても通じる部分です。

調査の結果は人の人生に関わる内容も多い職業柄、ウソや適当な調査報告書を提出したり、法律を無視したり、クライアントに対して不誠実な態度を取るような要素はないかは、採用側としては慎重になるかと思います。

探偵業は特殊な業務を多く含みますが、採用基準としては一般企業と同じような採用基準で人柄、社会性を判断されます。

寒さ暑さの季節を問わず張り込みを必要とする依頼もあるので、ハードワークに耐えられる身体と忍耐があるかもみられます。


このPostをシェアする