探偵になるための学校ではどんなことを学ぶのか

探偵になる為に必要な知識やスキルを学校で学ぶ

気になる主な仕事内容は

実際の主な仕事は、警察や弁護士などが対応できなかったり、お願いしにくい内容の調査を探偵に依頼するケースが多いようです。

なかでも最も多いと言われているのは不倫や浮気の調査で、ただ事実を確認したいだけの理由での依頼もあれば、慰謝料請求の際の決定的な証拠を得る為に依頼する場合もあります。

結婚を考えている、これから雇用を考えている相手、業務上取引を考えている企業の書類に書かれている内容の事実確認や素行調査の依頼もあります。

フィクションの世界で多い、殺人事件に絡むような依頼は実際には少ないようですが、ストーカー被害や不審者、パワハラやいじめ、詐欺などの犯罪に関わりのある分野の調査も探偵が依頼を受ける事もあるようです。

仕事内容は幅広い

特に多い仕事は浮気や不倫などの男女間のトラブルの調査ですが、時にはボディガードのように監視や送迎をしたり、失踪した人物やペットの行方を探して欲しいという依頼を受ける事もあります。

浮気がばれないようにアリバイ作りの協力をしたり、復縁や別れたいなど依頼者の希望通りに事が運ぶようにサポートすることもあるようです。

盗聴されているかもしれないと不安を感じて、盗聴器が実際に取り付けられていないかを調べて欲しいという依頼も意外と多いそうです。

フィクションでは探偵の仕事は正義の味方なイメージが強く、そこに憧れる事もあるかもしれませんが、実際の仕事は地道で地味な内容だったり、人のドロドロした部分に関わらなくてはならないことも多いようです。


このPostをシェアする