探偵になるための学校ではどんなことを学ぶ?

探偵になるための学校ではどんなことを学ぶのか

おすすめリンク

別れさせ屋、別れるまでの流れ

別れさせ屋に依頼する時、いったいどんな流れで契約、契約の施工までどのような流れがあるのでしょうか?

探偵はどんな仕事内容があるか

学校とは資格を身につける為に通うというイメージがありますが、探偵になる為の資格がある訳ではありません。
探偵の業務に関して法律で適正化され、以前は誰でも探偵業を行えましたが、現在は厳しくなり登録制しないとできません。

資格が不要とはいえ、探偵の仕事は専門的な業務内容が多いです。

調査内容によってはバレずに尾行したり、証拠となる写真や物証や音声を集めなくてはなりません。
手がかりを多く集めるには、人の心理を見抜きながら情報を収集することになります。
犯罪に関わるような調査を引き受ける可能性もあるかもしれませんし、自分の調査方法が違法行為にならぬように探偵業務に関わる法律も把握しておきたいです。
特殊な機器を扱う場合もあるでしょう。

クライアントに調査の報告をするのに書類を作成するという業務もあるので、ある程度のパソコンスキルも必要です。
いい加減な書類を作成してしまえば信頼も失い、死活問題に関わるからです。

このように探偵という資格はなくても、探偵を仕事にするのには幅広い知識や高いスキルも求められます。

探偵事務所で働きながら学ぶという方法もありますが、多くの探偵事務所は探偵学校を運営しているので、卒業生を雇用する傾向にあるようですし、即戦力として働ける方が
有利になることが多いでしょう。
また、歩合制度の事も多い職業なので、働きながら学ぶよりも学校に通って知識を身に着けて即戦力になれる状態の方が経済的にも安定するかと思います。